ホーム  >  イベント情報
サイト内検索 powered by Google

infoイベント情報

2013年 1-8月 / 2012年 1-6月 / 2011年 / 2010年 / 2009年

高齢社会をよくする女性の会によるイベントが開催

2012年11月28日

終末期医療や介護のあり方などについて、高齢者の視点から考えるシンポジウム、「大パノラマシンポ 高齢者の命の終わりとケアを考える」が開催されます。

開催日時は2012年12月15日(土)、会場は東京都港区芝の女性就業支援センターホール、開催時間は午後1時から4時40分まで。

当日は天本病院院長の天本宏さん、東京大学法学部教授の樋口範雄さん、厚生労働省医政局の梶尾雅宏さん、ケアーズ白十字訪問看護ステーション理事長の秋山正子さんなど、各界の有識者を招き、終末期医療と介護のあり方についての多元的なパノラマシンポジウムが行なわれます。

日 時:12月15日(土)
時 間:午後1時〜4時40分
会 場:女性就業支援センターホール
   (港区芝5-35-3・пF03-5444-4151)
参加費:500円(定員250人)

お申し込み、お問い合わせは以下のところまでどうぞ。
NPO法人高齢社会をよくする女性の会
пF03-3356-3564(月・水・金)
FAX:03-3355-6427
E-mail:wabas@eagle.ocn.ne.jp

12/2 特別番組「KIZUNA STATION」の公開イベントが開催

2012年11月22日

12月2日(日)、秋田市のにぎわい交流館AUで、全国コミュニティFM特別番組「KIZUNA STATION」の生放送が行なわれます。

タイトルは「KIZUNA STATION from AKITA」、エイジ・フレンドリー・シティ「高齢者に優しい街づくり」=「高齢者が住みやすい街づくり」を掲げる秋田市で行なわれる、4時間の公開生放送です。

メインパーソナリティに全介協 上原会長と浜菜みやこさん、ゲストに穂積志秋田市長や秋田弁のご当地タレントのバリトン伊藤さんや藤田ゆうみんさんらをゲストに向かえ、秋田の魅力全開でお届けします。

会場は秋田市のにぎわい交流館AUに設置された特設スタジオ、時間は午前7時から11時30分まで、入場無料ですので、どなたでもご覧いただけます。
また、当日はゲストでもある藤田ゆうみんさんのミニライブや、カワムラサイクル最新型車いす&歩行器の体験試乗会、見守り歩数計Mi-Look体験コーナーなども開催されます。

お問い合わせなど、詳細については以下のところまで。
秋田コミュニティー放送 пF018-888-3001

第9回「60歳からの主張」発表・表彰式へ200名様を招待

2012年11月13日

60歳からを第2の人生のスタートと考え、様々なテーマの作品・エッセイ・川柳などを募集した「60歳からの主張」。
第9回大会が今年も開催され、優秀作品は来年1月14日の成人の日に、東京銀座の時事通信ホールで開催される表彰式にて発表されます。

今回、この発表・表彰式に200名の皆様をご招待いたします。

応募方法は、往復はがきの往信面に郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、参加希望人数(1名または2名)、返信面に応募者ご自身の郵便番号、住所、氏名を記載の上、以下のあて先までご応募ください。
【応募先】
郵便:〒104-0041 東京都中央区新富1-14-8 松永新富ビル4階
    「60歳からの主張」事務局

応募の締め切りは12月25日(月)必着、当選者の発表は、ご招待はがきの発送をもってかえさせていただきます。

お問い合わせなど、詳細については以下のところまで。

〒104-0041 東京都中央区新富1-14-8 松永新富ビル4F
「60歳からの主張」事務局
пF03-3555-2727
FAX:03-3555-9652

11/8男性介護者支援がテーマの全介協主催シンポジウム開催

2012年10月2日

全介協が平成22年に実施した、『男性介護者に対する支援のあり方に関する調査研究事業』のシンポジウムが開催されます。

朝日新聞厚生文化事業団の「高齢者暴力防止プロジェクト助成」を受け、全介協主催、厚生労働省、高齢社会NGO連携協議会後援で開催されるもので、シンポジウムのタイトルは『男性介護者に対する支援のあり方に関するシンポジウム 男の介護の「理想」と「現実」 〜介護で孤立しないために〜』。

開催日時は11月8日(木)、会場は東京都中央区の浜離宮朝日ホール 小ホール。

当日は、「高齢社会をよくする女性の会」の樋口恵子さんによる基調講演のほか、実際に介護を行なっている男性介護者による体験発表、調査研究結果の発表やパネルディスカッションが行なわれ、地域包括支援センターや社会福祉協議会などで男性介護者支援に携わる現場担当者を交え、男性介護者支援の現実と課題などについて討論が行なわれます。

なお、シンポジウムへの参加は無料ですが、事前の登録が必要となります。(定員数200名)

シンポジウムの詳細・参加申込書はこちら
男性介護者に対する支援のあり方に関するシンポジウム

事前予約、シンポジウムについてのお問合せは、以下のところまでどうぞ。
一般社団法人 全国介護者支援協議会 事務局
E-mail:info@zenkaikyo.or.jp
пF0120-918-407

高齢者のための電動車いす安全運転講習会開催(静岡市)

2012年10月18日

一般社団法人 全国介護者支援協議会主催による「高齢者のための電動車いす安全運転講習会」が、静岡市で開催される静岡県交通安全県民フェア実行委員会主催「第6回ふじのくに交通安全県民フェア」内のイベントとして開催されます。

後援に電動車いす安全普及協会、協賛にスズキ(株)、(株)セリオ、ヤマハ発動機(株)、本田技研工業(株)、(株)アルバジャパンの各社のご協力をいただき、平成24年10月27日(土)に、静岡市駿河区のツインメッセ静岡内特設会場にて開催されます。

当日は電動車いす安全普及協会による「電動車いす安全運転体験講習」のほか、介護関連用品展示会なども開催されます。

開催日時は平成24年10月27日(土曜日)、開催時間は10:00〜17:00、入場無料です。

電動車いす安全運転講習会についてのお問い合わせは以下のところまで。
一般社団法人 全国介護者支援協議会 пF03-5992-0372

第9回「60歳からの主張」作品募集のお知らせ

2012年10月1日

60歳からを第2の人生のスタートと考え、様々なテーマの作品・エッセイ・川柳などを募集した「60歳からの主張」。
第9回大会が今年も開催され、優秀作品は来年1月14日の成人の日に東京で開催される表彰式にて発表されます。

作品の募集期間は平成24年9月17日から11月16日まで。
応募作品は、エッセイ・小論文部門と川柳部門の2部門。
どちらも、「社会保障についてのご意見」と「自由課題」をテーマに介護や福祉、年金、子育て支援、貧困や格差など関心のあるテーマでご自由にお書きください(未発表のものに限る)。

応募方法は、封書、葉書、メールにて応募してください。
※応募要項をよくお読みになりご応募ください。
【応募先】
郵便:〒104-0041 東京都中央区新富1-14-8 松永新富ビル4階
    「60歳からの主張」事務局
メール:info@60sai.jp
メールの件名には作品応募と記入してください。

作品の応募要項など詳細については以下のところまでどうぞ。
第9回60歳からの主張
http://www.roushikyo.or.jp/jsweb/html/ public/contents/design/00001/157/html/index.html

〒104-0041 東京都中央区新富1-14-8 松永新富ビル4F
「60歳からの主張」事務局
пF03-3555-2727
FAX:03-3555-9652
E-mail:info@60sai.jp

高齢者のための電動車いす安全運転講習会開催(光が丘)

2012年9月28日

『第29回光が丘地区祭』にて、一般社団法人 全国介護者支援協議会主催による「高齢者のための電動車いす安全運転講習会」が開催されます。

後援に電動車いす安全普及協会、協賛にショップライダージャパン(株)、スズキ(株)、(株)セリオ、本田技研工業(株)、(株)カワムラサイクル、(株)アルバジャパンの各社にご協力をいただき、東京都練馬区の第29回光が丘地区祭ふれあいの径(みち)特設会場で開催されます。

当日は電動車いす安全普及協会による「電動車いす安全運転体験講習」や、福祉車両および介護関連用品展示会などが開催されます。

開催日時は平成24年10月6日(土曜日)
開催時間は10:00〜17:00、入場無料です。
会場は、地下鉄光が丘駅前の光が丘地区祭ふれあいの径(公園通り)。

電動車いす安全運転講習会についてのお問い合わせは以下のところまで。
一般社団法人 全国介護者支援協議会 пF03-5992-0372

9/1、防災の日に特別番組KIZUNA STATIONが放送されます

2012年8月31日

9月1日(土)、防災の日に「防災の大切さ」を考える特別番組が放送されます。

タイトルは「KIZUNA STATION 〜防災メディア、コミュニティ放送〜」、“防災の大切さ”をテーマに、各地のコミュニティ放送局を繋いで行なわれる6時間の生放送です。

「上原喜光ぐるっと360度」のパーソナリティを務める全介協 上原会長もコメンテーターとして、午前9時からの第2部『高齢化社会と防災』に出演、ゲストには浜松市の鈴木康友市長も登場します。

被災地各局からの震災体験談や震災対策、防災の専門家による震災対策へのアドバイス、防災科学技術研究所の協力による「防災ラジオドラマコンテスト」の優秀作品紹介など、内容盛りだくさんの6時間の生放送です。

「KIZUNA STATION 〜防災メディア、コミュニティ放送〜」
http://musicbird.jp/kizuna/

番組に対するメッセージは以下のところからどうぞ。
mail:st.kizuna@gmail.com

第5回 介護作文・フォトコンテスト作品募集中です

2012年8月21日

公益社団法人 全国老人福祉施設協議会主催による「第5回介護作文・フォトコンテスト」が開催されます。

介護現場での出会い・感動・ドラマを通じて介護環境のイメージアップを目的とした同コンテスト。
5回目となる今回は介護職従事者などを対象とした「一般の部」に加え、将来の介護現場を担う人材である学生を対象とした「学生の部」を新設しました。
また、一般の部および学生の部の部門ごとに最優秀賞が選定され、各賞の総額も100万円を超える大規模なコンテストとなっています。

募集作品は「作文(エッセイ)部門」「短文(ポエム)部門」「フォト部門」の3部門。
作品の募集期間は平成24年9月10日(月)まで、郵送の場合は当日消印有効となります。
応募者の年齢、性別、職業などは問いません。

応募方法など詳細についてはこちら。
http://www.kaigo-contest.jp/entries.html

コンテスト詳細についてのお問い合わせは以下のところまで。
第5回介護作文・フォトコンテスト事務局
пF03-6738-6098(平日・土・日・祝 10:00〜17:00)
mail:info@kaigo-contest.jp

第5回介護作文・フォトコンテスト
http://www.kaigo-contest.jp/

8/12にラジオ特別番組及び石巻支援イベントが開催(新潟市)

2012年8月6日

8月12日(日)、全介協 上原喜光がパーソナリティを務める特別番組が放送されます。

タイトルは「KIZUNA station from NIIGATA」、“ふるさとの絆”をテーマに行なわれる4時間の生放送です。
上原喜光、浜菜みやこの両パーソナリティにアシスタントの高原由香子さんを加え、ゲストには厚生労働副大臣の西村智奈美さん、女子プロレスラーの神取忍さんが登場します。

また、当日は石巻支援イベントとして「石巻焼きそば」の実演販売や、神取忍さんらによる介護予防体操の実演、屋台村や縁日遊びなどのイベントが盛りだくさんで行なわれます。

ラジオの公開放送はどなたでもご覧いただけますので、皆様是非ご参加ください。

「KIZUNA station from NIIGATA」
放送時間:8月12日、午前7時から11時
放送局:コミュニティFM
デイサービスセンター小新内特設スタジオから生放送
(どなたでもご見学いただけます)

「石巻支援イベント」
開催時間:8月12日、午前7時から午後1時
会場:デイサービスセンター小新 駐車場
入場無料
神取忍さん、渡邊沙紀さん、上撫瑞希さんをはじめとした女子プロレスラーによる介護予防体操の実演や、石巻焼きそばの実演販売など行なわれます。
また、屋台村や縁日遊びなども出店されます。

協賛:(株)加賀田組、(株)カワムラサイクル
   (株)クレイズプラン、(株)ケアサービス
    KDDI(株)、(株)サンライフエンジニアリング
   (有)システムメンテナンス、(株)東光クリエート
    広浜建材(株)、(株)モリケン

イベントについてのお問い合わせは以下のところまでどうぞ。
株式会社ケアサービス デイサービスセンター小新
пF025-232-1771 FAX:025-232-1772