ホーム  >  ここが変わった 2012年介護保険制度改正  >  2012年度改正介護保険法総論

ここが変わった 2012年介護保険制度改正

2012年度改正介護保険法総論

2012年4月から施行される改正介護保険法では、主に以下の3点に注力した改正が行なわれました。

@地域包括ケアシステムの構築
地域包括支援センターを中心に、地域の医療介護福祉関連団体が連携し、在宅高齢者に対して24時間途切れないサービスを提供する支援体制構築の推進を図っています。
● 24時間定期巡回・随時対応サービス、および複合型サービスの新設
● 介護予防・日常生活支援総合事業の新設
● 地域包括支援センターと地域ケア関係者の連携強化

A介護人材の質の向上、待遇改善、利用者保護
介護従事者の質の向上および職場環境および待遇改善、利用者の保護を目的とした改正が行なわれました。
● 介護福祉士による痰の吸引および経管栄養などの実施
● 介護福祉士国家資格取得見直しの延期
● 労基法違反事業所に対する指定の取り消し
● 介護療養型医療施設廃止期限の延期
● 前払い金返金に関する利用者保護の明記

B介護保険制度に対する自治体手続きの軽減
超高齢化社会を向かえ、介護保険制度への自治体負担が増加しており、自治体負担の軽減を目的とした改正も行なわれました。
● 介護情報サービス公表制度の見直し
● 介護保険事業計画制定の見直し
● 財政安定化基金の一部取り崩しによる介護保険料の抑制
● 地域密着事業者指定に関する改正
● 後見人材の育成