ホーム  >  ここが変わった 2012年介護保険制度改正  >  自治体関連での変更@

ここが変わった 2012年介護保険制度改正

自治体関連での変更@

超高齢化社会を迎えた中での改正となった今回、増加し続ける社会保障費の負担を受け介護保険制度の存続に向けた改正も行なわれました。

『地域包括支援センターと地域ケア関係者との連携強化』
地域包括ケアシステムの構築のため、地域ケアの中心となる地域包括支援センターに対して、介護事業者・医療機関関係者・民生委員・社会福祉協議会・ボランティアなど地域ケア関係者との連携強化を図ることが規定されました。

『介護サービス情報公表制度の見直し』
現在の年一回の調査義務化から、自治体の任意による調査に変更すると共に、情報公開システムの一元管理を行ない、情報公開にかかる負担の軽減を図ります。