ホーム  >  ここが変わった 2012年介護保険制度改正  >  「介護療養病棟廃止」及び「介護福祉士資格取得見直し」の延期

ここが変わった 2012年介護保険制度改正

「介護療養病棟廃止」及び「介護福祉士資格取得見直し」の延期

今回の改正では、前回の改正以降決定した介護療養病棟の全廃および、介護福祉資格取得希望者全員に国家試験受験を義務付けた介護福祉士資格取得の見直しについて、新たな指針が決定しました。

『介護療養病棟の廃止の6年間延期』
2011年度末での廃止が決定していた介護療養病棟について、2011年度初頭において半数以上の介護療養病棟が代替施設への転換が未定となっており、年度末での廃止を延期する方針が政権与党から出されていました。
今回の改正では、2011年度末での廃止を6年間延長し、2017年度末とすることが正式に決定しました。

『介護福祉士資格取得方法見直しの延期』
介護職員の質の向上及び待遇改善を目的とした介護福祉士資格取得方法の見直しですが、これまで無試験での資格取得が可能であった専門養成機関などを対象とした、介護福祉士国家試験の義務化について2012年4月から3年間延期し、2015年4月からの施行となりました。