ホーム  >  ここが変わった 2012年介護保険制度改正  >  『介護予防・日常生活支援総合事業』の新設

ここが変わった 2012年介護保険制度改正

『介護予防・日常生活支援総合事業』の新設

今回の介護保険法改正では、「地域包括ケア」推進の一環として介護と医療の連携強化が図られています。
新たに創設された『介護予防・日常生活支援総合事業』もそれに当たります。

『介護予防・日常生活支援総合事業』とは、市町村の独自判断で要支援者および介護予防事業対象者を対象に、従来の介護予防サービスと配食や見守りなどの生活支援事業を総合的に実施できる制度を新設するというもので、実施の有無は市町村の判断に一任されます。