ホーム  >  ここが変わった 2012年介護保険制度改正  >  『複合型サービス』の新設

ここが変わった 2012年介護保険制度改正

『複合型サービス』の新設

今回の介護保険改正では『地域包括ケアシステム』の構築が大きな目玉となっています。
そして、この地域包括ケアシステム構築の大きな柱となるのが、前回の『24時間定期巡回・随時対応サービス』と今回の「複合型サービス」です。

今回新設された「複合型サービス」は、「小規模多機能型居宅介護」と「訪問看護」を組み合わせたサービスを指しますが、本来の「複合型サービス」は地域密着型サービスと居宅介護サービスを2つ以上組み合わせて提供するサービスのことをいいます。
そのため、今後今回の「小規模多機能&訪問看護」以外を組み合わせた「複合型サービス」が登場するかもしれません。
今回の改正で誕生した複合型サービスの利点は、利用者のニーズに合わせ、介護だけでなく医療系サービスについても一括して提供できる点にあります。
地域包括ケアの提唱する、途切れのないサービスの提供が行なわれます。
なお、介護報酬などの詳細については介護報酬改定を待つ必要があります。