ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方  >  排泄関連用品(18)

福祉用具の選び方

排泄関連用品(18)

「消臭用品」

皆さん、こんにちは。
「排泄関連用品」の18回目です。

排泄にはどうしても避けて通れない問題があります。
ポータブルトイレでも、差し込み便器でも、オムツでもいいのですが、これらの場合、排泄を行なう場所がトイレという隔離された空間ではなく、日常生活の場で行なうことによる「臭い」の問題です。
ここで多くの人は臭いを消すための必需品、消臭スプレーを思い浮かべるかもしれません。

実際に、普段からトイレで消臭スプレーを使用している人も多いのではないでしょうか。
確かに消臭スプレーならば、ポータブルトイレや差し込み便器、オムツなど、どの方法でも手軽に使用でき便利です。
使用する消臭スプレーも市販のものでもかまいませんが、介護用のものならば、空間や繊維など従来の使用対象のほかに、人体や什器、洗濯時などにも使用できるものもあります。
また、消臭スプレー単体ではなく、ポータブルトイレの際にお話したように、消臭剤や消臭効果のある便座カバーやトイレシートなどと組み合わせて使用することで、より効果を発揮します。
少し話がそれますが、消臭剤の中には泡タイプの消臭フォームもあり、こちらは差し込み便座にも使用できます。

排泄の問題はとてもデリケートであり、たとえ誰もいない場合でも丸見えの状態ではポータブルトイレを使用したくないと考える方や、トイレ介助を受けている姿を他人にさらしたくないと考える人も多いのです。
このようなときのための用具として、排泄時のプライバシーを守るための「スクリーン」というものがあるのですが、このスクリーンにも消臭タイプがあります。
活性炭を利用し、天日干しをすることで消臭効果が回復し、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなども軽減します。
介護用だけでなく、防災用品としても重宝するでしょう。