ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方  >  車いす(9)

福祉用具の選び方

車いす(9)

「移乗」

車いす

皆さん、こんにちは。
「車いす」の9回目です。
車いす機能というと快適に座るための「椅子」としての機能、操作性、ブレーキ等の「移動」の機能ばかりに目が行きがちですが、もう一つ大切なものに安全に乗り移る為の「移乗」があります。
ベットから車いす、車いすからトイレという様に日常においては必要不可欠なものです。
自分で立ち上がって移乗出来る場合は、特に必要ないかもしれませんが座りながら移動、また介助してもらって移乗する場合は必ず
「アームレスト」(肘かけ)
「フットレスト」「レッグレスト」(足のせ)をチェックして下さい。
一般的な車いすの場合ですと座りながら、あるいは介助してもらって移乗する場合は「邪魔」になる部分だからです。
「アームレスト」は取り外しが出来るタイプ、はね上げ式タイプ、下げられるタイプがあります。
「フットレスト」は取り外しが出来るタイプ、
「レッグレスト」は取り外しが出来るタイプ、
開閉するスイングアウェイタイプがあります。
ひと昔前までは、この手のタイプは、外国製の重い物が多く、専門の人でなければ扱えないものだったのですが最近は、国産の良いものも増えてきました。
特殊なものとしては、畳にふとんの人や居座って移動する人用に座面が上がったり下がったりする「座面昇降式車いす」や移乗とはちょっと異なりますがボタン操作ひとつで立ち姿勢をとることができる「スタンドアップ車いす」というものもあります。
「アームレスト」や「フットレスト」が取り外したりできないものは「車いす」じゃない。
「搬送者」だという人がいるくらい、重要なところですのでチェックをお忘れなく。