ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方  >  車いす  >  (1)

福祉用具の選び方

車いす(1)

皆さん、こんにちは。 福祉用具の選び方「車いす」の1回目です。

外出するために

車いす

最近は、エレベーターやスロープのある駅が増えてきました。
公共の建物もバリアフリー化がだいぶ進んでおり、建物だけでなく駅員さんをはじめとした「人」の意識も良い方に変わってきた様に思われます。
まだ一部には段差が目に付きますが、一昔前と比べるとはるかに改善されてきているのではないでしょうか。

しかし、いくら環境が整ってきたといっても、年を経て体が弱くなってくるとどうしても外出するのがおっくうとなり、家に閉じこもりがちになってしまうものです。
でも外出してみると、良い気分転換になり気力もわいてくるものです。

そこで少しでも外出することの助けになるように「つえ」「シルバーカー」「靴」といった外出支援の福祉用具を紹介してきました。
ここで紹介したことが、読者の皆様に少しでも役立っているなら幸いです。

ところで、もし歩くことができなくなってしまったらどうでしょうか。
もう外出どころの話ではないかもしれません。
でも、そうなった場合、より一層外出することが重要となってくるのです。
歩けなくなっても外出するのに必要な福祉用具、それが今回から紹介していく「車いす」なのです。
「靴」や「シルバーカー」などにもいえる事かもしれませんが、特に「車いす」は単なる道具ではなく、使用者の「足」であり、身体の一部として考えて選ぶ必要があります。
また、利用者の中には長時間座って過ごすという方もいますので、その場合には座位を保つ為の「いす」としての機能も重要になってきます。

いろいろと奥が深いものですが、次回は「車いす」の種類についてお話します。