ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方   > 貸与について  >  移動用リフト(吊り具・スリングシートの部分を除く)

福祉用具の選び方

移動用リフト(吊り具・スリングシートの部分を除く)

種類

移動用リフト(吊り具・スリングシートの部分を除く)

自力での移動が困難で車いすなどへの移動を補助し、介助の負担を軽減します。
取り付けに住宅の改修を伴うものは除きます。

床走行式

吊り具またはいすなどの台座を利用して、持ち上げてキャスターで床を移動し、車いすなどに移動するものです。
主にベッドから車いすやポータブルトイレへの移動など、屋内や寝室内での移動の際に利用します。

固定式

居室内やベッド、浴室などに固定して使用するタイプのリフトです。
リフトの稼動範囲内で、吊り具またはいすなどの台座を利用して要介護者の移動を行ないます。

据置式

ベッドのある寝室、または居室などに門型のやぐらを組み、レールを使い吊り具またはいすなどの台座を利用して移動するものです。
レールの範囲内で自由に移動が行なえます。

選び方のポイント・目安

吊具には用途や身体機能に応じていろいろなタイプがあります。
用途にあった吊具を選び、使い方を学習しましょう。
畳の上で使うときは操作性が悪いので、薄いベニヤ板を敷くほうがいいでしょう。
キャスターは大きな車輪のものの方が操作しやすいです。
購入する前に、家で操作ができることと、本人の乗り心地を確認しましょう。
介護する方の体力、お部屋の環境をよく考えてお選びください。
段差がないところで使うと便利ですのでそのことも考えておきましょう。
走行は手で押して、電動で上下昇降するものが多い。
ご家庭で高齢者や障がいを持った方の介護にあたるのは圧倒的に女性が多く、移動に関わる介護は、肉体的に大きな負担を与えます。
移動関連の機器を有効に活用して高齢者の自立をサポートし、介護の負担を軽減しましょう。
リフトで吊られる時に、わきに力が入らないために身体が前屈みになり、お腹が圧迫されて苦しくなることがあります。
電動ベッドの下にリフトの脚を差し込んだ時、電動ベッドのコードがリフトの脚に絡まってしまうことがよくありますので注意しましょう。

介護保険の対象となる福祉用具一覧
(介護サービス、介護予防サービス)
福祉用具貸与(13品目) 特定福祉用具販売(5品目)
・車いす
 └電動車いす
・車いす付属品
 ├クッションまたは、パッド
 ├電動補助装置
 ├車いす用テーブル
 └車いす用ブレーキ
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
 ├マットレス
 ├サイドレール
 ├ベッド用手すり(移動用バー)
 ├ベッド用テーブル
 └スライディングボード
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり 
・スロープ 
・歩行器 
・歩行補助つえ 
・認知症高齢者徘徊感知機器
・移動用リフト(吊り具を除く)
 ├入浴用リフト
 ├車いす用電動昇降機
 ├段差解消機(段差解消リフト)
 └立ち上がり用補助いす
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(本体部分)
は介護予防サービスの利用者(要支援1・2)の方が利用できる福祉用具です。
詳しくは、担当のケアマネジャーにおたずねください。
・腰掛便座
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(交換部品)
・簡易浴槽
・入浴補助用具
・移動用リフト(吊り具部分)
※要介護認定区分が要支援1・2および要介護1の方は、担当のケアマネジャーに使用できるかどうかおたずねください。