ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方   > 貸与について  >  歩行補助つえ

福祉用具の選び方

歩行補助つえ

種類

歩行補助つえ

歩行困難な方が歩行の際の助けとして使用する杖で松葉杖や多点で支えるものなど、様々な形のものがあり、バランスの維持や下半身にかかる体重を減らす効果があります。

介護保険の福祉用具貸与が適用されるのは、以下のタイプです。

松葉杖

木製、アルミ合金製があります。長さも2種類あり、固定式と調整式に分かれており、握る部分の高さが調整可能なものもあります。

カナディアン・クラッチ

上腕部と肘部についている"カフ"と、手の位置にある握りで身体を支える杖です。(現在は、あまり使用されていません)

ロフストランド・クラッチ

T字杖に腕支え(カフ)を取り付けた杖で、肘のやや下が固定されることで杖がぐらつきにくい杖です。

多点杖

杖の先端が通常3〜4カ所で接地する杖です。


使い方

悪い方の脚と反対側の手に持ち使用します。
悪い方の脚と同じ側に持つと体重の分散がうまくいかず効果が減ってしまいます。

松葉杖

松葉杖を前に突き出し、前傾姿勢をとります。
そして、松葉杖に体重をかけて前方向に力を入れ、脚を宙に浮かせます。


選び方のポイント・目安

杖の長さの決め方は立ったときに自然に手をたらした手首から地面までの長さか、立ったときに地面から脚の付け根までの長さがよいでしょう。
杖をつま先の斜め前について、肘を30〜40度に曲げた手の位置がベストの状態です。

その他のポイントは日常的に使うものなので軽くて丈夫なものを選びましょう。松葉杖の長さの決め方は身長から40cmをひいた長さが適しています。
高齢者や病気などで体力の衰えた方にとって、歩行補助用具は、自分の足で歩くことで健康づくりを図ることができるうれしいツールです。
安心して歩けるように、選択の際は次の点に注意しましょう。
前屈みになりすぎないなど、歩く姿勢が自然な状態で保てること、安定性があること、握る高さが合っていること、また調節ができるかどうかを考慮して選んでください。

どの種類の杖を選ぶにあたっても、寸法が利用者の身長に合っているか、また調整可能なものでも、調整が可能な範囲内で利用者に合った長さにできるかという 問題があります。
もう一つの問題は重量です。
製品はほとんどアルミ合金で作られており、多点杖の場合、安定性を保つため脚の部分をスチールなどで重めの素 材が使われている場合もあります。
脚が1点の杖より多点杖のほうが安定しているのですが、杖の脚が接する範囲が広いため、狭い場所、例えば狭い廊下や階段・斜面・坂で使用することはとても難しいと思われます。

介護保険の対象となる福祉用具一覧
(介護サービス、介護予防サービス)
福祉用具貸与(13品目) 特定福祉用具販売(5品目)
・車いす
 └電動車いす
・車いす付属品
 ├クッションまたは、パッド
 ├電動補助装置
 ├車いす用テーブル
 └車いす用ブレーキ
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
 ├マットレス
 ├サイドレール
 ├ベッド用手すり(移動用バー)
 ├ベッド用テーブル
 └スライディングボード
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり 
・スロープ 
・歩行器 
・歩行補助つえ 
・認知症高齢者徘徊感知機器
・移動用リフト(吊り具を除く)
 ├入浴用リフト
 ├車いす用電動昇降機
 ├段差解消機(段差解消リフト)
 └立ち上がり用補助いす
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(本体部分)
は介護予防サービスの利用者(要支援1・2)の方が利用できる福祉用具です。
詳しくは、担当のケアマネジャーにおたずねください。
・腰掛便座
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(交換部品)
・簡易浴槽
・入浴補助用具
・移動用リフト(吊り具部分)
※要介護認定区分が要支援1・2および要介護1の方は、担当のケアマネジャーに使用できるかどうかおたずねください。