ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方   > 貸与について  >  手すり

福祉用具の選び方

手すり

手すり

貸与の対象となる「手すり」とは、居宅の床もしくはトイレにおいて使用することにより、身体を支えることにより転倒防止や移動、 車いすへの移乗を助けるもので、手すりは取り付けに当たって、特別な工事を伴わないものに限ります。

種類

手すりには、水平手すり・縦手すり・L字型手すりなどの種類があります。
歩行訓練用に平行棒方式で廊下などで使用するものや、トイレの便器を囲むもの、天井と床の間に突っ張り棒として固定する垂直のバー方式のものもある。
材質は金属製、プラスチック製、木製があります。

選び方のポイント・目安

手すり/平行棒方式

設置にあたって、平行棒方式のものは床に設置するスペースが必要です。
トイレの便器を挟んで固定する手すりは、便器を固定しているボルトに荷重が掛かるので、便器自体がしっかり固定しているかどうか確認を要します。
トイレ用は洋式トイレ用、洗浄器機能付トイレ用、ポータブルトイレ用など様々なタイプがあるので用途によって選んでください。

また左右の壁に突っ張り棒を伸ばして固定するものは壁の強度の確認が必要です。
水平手すりは、廊下・トイレ・浴室などに最も多く使われています。この水平手すりを設置する際のポイントは色々あります。
個人の障害の状況にもよりますが、利用者本人の大腿骨大転子の高さに2、3cm加えた高さが使いやすいとされています。
太さは、握りやすさ・使いやすさに関係する寸法なので、慎重に採寸しなければなりません。
これも利用者本人の手の太さをもとにその太さを決めます。

具体的には、女性のように手の小さな人の場合直径2.8〜3.2cm、男性の場合3.4〜4.0cm程度が程よい太さとされています。

垂直なバーは天井の構造・材質によって不安定になる場合もあるので注意してください。
「温かさ」とは、材質の問題ですが、特に屋外に設置されている手すりは冷えやすいので、十分検討した上で材質を選びましょう。
また、冬期間における冷たさは不快感だけでなく、身体にストレスをも与え、手すりを使うことができないだけでなく、身体に害を与える場合もあります。
材質的にステンレスなどの金属に直接ふれるものは避け、その上に樹脂コーティングしてあるもの、すべてプラスチック製のもの、また木製のものなどを選ぶことをオススメします。

介護保険の対象となる福祉用具一覧
(介護サービス、介護予防サービス)
福祉用具貸与(13品目) 特定福祉用具販売(5品目)
・車いす
 └電動車いす
・車いす付属品
 ├クッションまたは、パッド
 ├電動補助装置
 ├車いす用テーブル
 └車いす用ブレーキ
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
 ├マットレス
 ├サイドレール
 ├ベッド用手すり(移動用バー)
 ├ベッド用テーブル
 └スライディングボード
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり 
・スロープ 
・歩行器 
・歩行補助つえ 
・認知症高齢者徘徊感知機器
・移動用リフト(吊り具を除く)
 ├入浴用リフト
 ├車いす用電動昇降機
 ├段差解消機(段差解消リフト)
 └立ち上がり用補助いす
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(本体部分)
は介護予防サービスの利用者(要支援1・2)の方が利用できる福祉用具です。
詳しくは、担当のケアマネジャーにおたずねください。
・腰掛便座
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(交換部品)
・簡易浴槽
・入浴補助用具
・移動用リフト(吊り具部分)
※要介護認定区分が要支援1・2および要介護1の方は、担当のケアマネジャーに使用できるかどうかおたずねください。