ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方   > 貸与について  >  特殊寝台付属品

福祉用具の選び方

特殊寝台付属品

マットレス

標準マットレス

標準マットレス
介護保険対象となるのは、特殊寝台と一体的に使用される場合に限ります。
非課税のベッドとセットで購入する場合に限り非課税です。
硬めのマットレスは弾力性がありベッドに座ったり起き上がることが多い方に, 柔らかいマットレスは柔軟性があり、体圧が体の一部に集中するのを防ぎ、長時間べッドで過ごす方におすすめします。

褥瘡(じょくそう)・床ずれ予防マットレス

介護保険対象(貸与)で非課税のベッドとセットで購入する場合に限り非課税(エアーマットレスは課税です)。

エアーマットレス

空気の入った筒(エアセル)、袋(セル)により身体を支えるマットレスです。体型の違いに応じてマット内圧調整ができます。

ウォーターマットレス

マットレスの中に水が入っています。
厚みがあるほど除圧能力は大きくなる。身体を水に浮くような状態にすることによって、体圧を分散します。

ウレタン

ウレタンフォーム(スポンジ状のマット)が身体に沿って変形することで、接触面積を増やし身体全体にかかる圧力を分散します。

ゲル

マットレスの中にコンニャク状の素材が入っていて、身体に対する圧迫感を和らげます。厚みが薄いので局部的に用いることもできます。

ハイブリッド

2種類以上の素材の特徴を組み合わせているマットレスです。

選び方のポイント・目安
特殊寝台の動きに合わせられる柔軟性が要求され、身体の沈み込みによって、寝返りなどの動作がしにくくなることを避けるためある程度の硬さが必要となります。
素材も硬さも様々なので利用者の状態によって異なります。

しかし、ギャッジベッドと共に使用されるマットレスは、ベッドの背上げ・膝上げの動きに対応するため、十分な屈曲性を持つ製品、あるいは分割して折れ曲がることが可能でなくてはなりません。

標準マットレスは弾性がやや硬めで、身体が沈みにくいため、立ち上がりの際に安定感があります。ベッドの上で動いても安定性に優れているのが特長で、身体のバランスがとれる方に向いています。
床ずれ予防マットレスは弾性が柔らかく、身体の圧力を分散させ血行不良を予防します。

サイドレール

付属品(サイドレール)

ベッドの側面に取り付けることでベッドからの落下を防ぎます。
ベッド本体への差込み式、折りたたみ式のものもあります。
また寝返りや起き上がる際の補助的な役割も果たします。


ベッド用手すり(移動用バー)

付属品(介助バー)

ベッドの側面に取り付けて、起き上がり、立ち上がり、車いすへの移乗をする際に、体を支えるために必要なものです。
サイドフレーム取り付けタイプ、ベースフレーム取り付けタイプがあります。
移動の際に回転できる便利なものもあります。
グリップ部分の角度が変えられるので座位保持、立ち上がり、乗り移りが楽に行えます。

ベッド用テーブル

付属品(オーバーテーブル)

書き物をしたり、読書をしたり、食事をする場合にいるもの。
サイドレールに乗せるタイプやキャスター付きで門型にベッドを囲むタイプ、L字型の脚をベッドに差込むタイプがあります。

スライディングボード

付属品(スライディングボード)

座位で特殊寝台から車いすなどへ移乗する際、 臀部が滑りやすいように、特殊寝台と車いすの間に敷いて使用するものです。多くはプラスティック製ですが、 木製もあります。

介護保険の対象となる福祉用具一覧
(介護サービス、介護予防サービス)
福祉用具貸与(13品目) 特定福祉用具販売(5品目)
・車いす
 └電動車いす
・車いす付属品
 ├クッションまたは、パッド
 ├電動補助装置
 ├車いす用テーブル
 └車いす用ブレーキ
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
 ├マットレス
 ├サイドレール
 ├ベッド用手すり(移動用バー)
 ├ベッド用テーブル
 └スライディングボード
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり 
・スロープ 
・歩行器 
・歩行補助つえ 
・認知症高齢者徘徊感知機器
・移動用リフト(吊り具を除く)
 ├入浴用リフト
 ├車いす用電動昇降機
 ├段差解消機(段差解消リフト)
 └立ち上がり用補助いす
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(本体部分)
は介護予防サービスの利用者(要支援1・2)の方が利用できる福祉用具です。
詳しくは、担当のケアマネジャーにおたずねください。
・腰掛便座
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(交換部品)
・簡易浴槽
・入浴補助用具
・移動用リフト(吊り具部分)
※要介護認定区分が要支援1・2および要介護1の方は、担当のケアマネジャーに使用できるかどうかおたずねください。