ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方   > 貸与について  >  特殊寝台

福祉用具の選び方

特殊寝台

介護保険の対象となるのは、サイドレールが取り付けてあるものまたは取り付け可能なものであって次のいずれかの機能を有するものです。

  • 背部または脚部の傾斜角度を調整できる機能
  • 床板の高さを無段階に調整できる機能

関連する付属品(マットレスを始め、ベッド柵、移動用バー、ベッドサイドテーブル、移乗用のボードやシートなど)もレンタル対象品です。

種類

手動でレバーを回して調整する手動ベッドタイプと電動モーターによる可動タイプ(電動ベッド)の2つがあります。
手動ベッドタイプは介助する方が操作するのですが、電動タイプは利用者本人が手元スイッチを押して、起き上がる角度を調節でき、姿勢を変えられます。

介護用ベッド
介護用ベッド

付いているモーターの数により背上げ、膝上げ、高さ調整が手元のスイッチで操作できます。
利用者が必要に応じた姿勢をとることができます。
利用者の自立を促し、介護者の身体的な負担を軽減します。


選び方のポイント・目安

マットレスを乗せる床板が背中、腰、脚の3つに分かれているか、それ以上に分かれて動くもの。
また水平に寝るだけではなく背もたれを起こし寄り掛かれるもの。
とりたい体勢に合わせて姿勢を変えることができ、ベッドの高さが調整できるタイプは、ベッドの乗り降りが楽にできます。
介護をする方の腰への負担も軽減できます。

ベッドの幅は通常830〜850mmになっていますが、使用者が自力で寝返りがうて、ベッドから起き上がることができるのなら、ベッド幅は900mm以上に広めでもよいでしょう。
ベッドは場所をとるので、どのように配置すれば良いか十分検討をすること。

利用者のADL(日常生活動作)、トイレや別の部屋への移動が上手く出来るかを考え、介護者が上手く動くための十分なスペース、リフト・車いすなどの福祉用具と一緒に利用する時の配置、操作スペースも考慮するとよいでしょう。
電動式のものは総重量が100kg前後のものもあるので、床の補強が必要か考えましょう。

背上げ機能を使い、上半身を起した時に起きる身体の下方へのずれは、腰部の擦傷の原因ともなるので、この動きを止める膝上げも行えるベッドの方が望ましいのですが、小柄で大腿部の短い利用者の場合、膝上げを行うと屈曲部がふくらはぎの位置になって足先が上がり、膝を合わせると、反対に上体が下に引っ張られてずれることがあります。
背上げ時に連動して膝が上がる機種よりも、背上げと膝上げが独立して行える機種の方が幅広く調整ができます。
※背上げ機能とはベッド上で食事をしたり、テレビを見たりする際、上半身を起すのに丁度良い角度に調節する機能です。

介護保険の対象となる福祉用具一覧
(介護サービス、介護予防サービス)
福祉用具貸与(13品目) 特定福祉用具販売(5品目)
・車いす
 └電動車いす
・車いす付属品
 ├クッションまたは、パッド
 ├電動補助装置
 ├車いす用テーブル
 └車いす用ブレーキ
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
 ├マットレス
 ├サイドレール
 ├ベッド用手すり(移動用バー)
 ├ベッド用テーブル
 └スライディングボード
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり 
・スロープ 
・歩行器 
・歩行補助つえ 
・認知症高齢者徘徊感知機器
・移動用リフト(吊り具を除く)
 ├入浴用リフト
 ├車いす用電動昇降機
 ├段差解消機(段差解消リフト)
 └立ち上がり用補助いす
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(本体部分)
は介護予防サービスの利用者(要支援1・2)の方が利用できる福祉用具です。
詳しくは、担当のケアマネジャーにおたずねください。
・腰掛便座
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(交換部品)
・簡易浴槽
・入浴補助用具
・移動用リフト(吊り具部分)
※要介護認定区分が要支援1・2および要介護1の方は、担当のケアマネジャーに使用できるかどうかおたずねください。