ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方   > 貸与について  >  車いす  >  電動車いす

福祉用具の選び方

電動車いす

種類

車輪を電動モーターで駆動する車いすなので、上肢に力のない人でも、コントロール部を操作できれば使用できます。
四肢に障害を持った人以外にも、自走式車いすでは長時間の移動が難しい高齢者の移動用具としても利用され、近年ではさまざまな機能を備えたものが開発されています。
道路交通法上は(電動車いすに乗った)歩行者とみなされ、運転免許は不要です。
座席の下にバッテリーを積んでいるため相当の重量があります。

電動車いすも、大きく分けて自走用介助用の2種類があります。

自走用:使用者がジョイスティックやハンドルを操作して利用する。
介助用:介助者の負担を軽減するもので、介助者が操作する。

一般的によく見かける自走用は以下のとおりです。

自走用標準型電動車いす

自走用標準型
主に身体障害者の方が利用されます。
操縦はジョイスティックレバーで行なうものが大半です。

自走用ハンドル型電動車いす

自走用ハンドル型
主に足腰の弱くなった高齢者の方が利用されます。
操縦はハンドルを操作して行ないます。

自走用簡易型電動車いす

自走用簡易型
手動の車いすに電動ユニットを取り付けた電動車いすで、主に身体障害者の方が利用されます。
操縦はジョイスティックレバーで行なうものが大半です。

選び方のポイント・目安

使用者の状況
身体の状態 要介護度や座位保持(座った姿勢を保つ)能力など、それぞれの状態を確認しましょう。
各部位のサイズ 座幅、座奥行(シートの奥行き)、フットプレート(足のせ)からシートまでの高さ、背もたれの高さ、ひじ置きの高さなどを考慮して、使用者が座位姿勢を保持でき、長時間座っていても疲れない製品を選びましょう。
主に屋内で使用する場合 小回りが利くものがよいでしょう。
主に屋外で使用する場合 座り心地、乗り心地がよく、押しやすいものがよいでしょう。

移乗機能

使用者の移乗(乗り移り)方法も考慮しましょう。

  • 立って移乗する
  • 座ったままの状態で移乗する
  • 介助してもらいながら移乗する
  • 用具を使って移乗する

使用者が車いすへ移動するときや、車いすから他の所への乗り移りがスムーズにできる製品を選びましょう。

移動機能

身体能力に合わせて、自走用か介助用かを考慮し、前に進む、方向を変える、止まるなどの動作がスムーズにできるかを確認しましょう。

主な使用場所

屋内では部屋、廊下、収納場所を、屋外では段差、坂、階段など、お住いの地域の住環境と適合しているかを考慮しましょう。

座幅

季節による衣服の変化なども考慮し、座った状態でおしりの幅より5cmほどのゆとりがあるものがよいでしょう。

奥座行

座った時に「お尻の最後部〜膝の後ろ部分の長さ」から5〜7cmを引いた長さがめやすです。
座奥行が長すぎると、血行障害、皮膚の損傷の原因になりやすくなります。 座奥行が短いと、お尻にかかる圧力が大きくなります。
シートとおしりと太ももに添い、体重を分散させましょう。
その他、前座高、背もたれの高さ、ひじ置きの高さなど使用者本人が実際に座って、疲れない製品を選びましょう。

介護保険では既製品の車いすがレンタルされ、高齢者のそれぞれのサイズに合わせて車いすを製作することは極めて少ないのが現状です。
身体に合わない車いすを使い続けると、座り心地が良くないだけでなく、背中の曲がり、背や腰、首の痛み、床ずれの発生や内臓障害につながることもあります。
自立促進につながる車いすが、かえって身体や生活にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。
使用者本人の状態、サイズ、使用環境を十分考慮して製品を選びましょう。

介護保険の対象となる福祉用具一覧
(介護サービス、介護予防サービス)
福祉用具貸与(13品目) 特定福祉用具販売(5品目)
・車いす
 └電動車いす
・車いす付属品
 ├クッションまたは、パッド
 ├電動補助装置
 ├車いす用テーブル
 └車いす用ブレーキ
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
 ├マットレス
 ├サイドレール
 ├ベッド用手すり(移動用バー)
 ├ベッド用テーブル
 └スライディングボード
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり 
・スロープ 
・歩行器 
・歩行補助つえ 
・認知症高齢者徘徊感知機器
・移動用リフト(吊り具を除く)
 ├入浴用リフト
 ├車いす用電動昇降機
 ├段差解消機(段差解消リフト)
 └立ち上がり用補助いす
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(本体部分)
は介護予防サービスの利用者(要支援1・2)の方が利用できる福祉用具です。
詳しくは、担当のケアマネジャーにおたずねください。
・腰掛便座
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(交換部品)
・簡易浴槽
・入浴補助用具
・移動用リフト(吊り具部分)
※要介護認定区分が要支援1・2および要介護1の方は、担当のケアマネジャーに使用できるかどうかおたずねください。