ホーム  >  家庭の介護  >  介護しやすい家  >  介護保険支給対象となる住宅改修の種類

介護しやすい家

介護保険支給対象となる住宅改修の種類

住宅改修費の支給対象となるのは下図に示される種類のものです。福祉用具貸与等の対象になっている器具と役割が重複するものもありますので、よく選んで施工依頼をしましょう。

手すりの取り付け
段差の解消
床、通路面の材料変更
扉の取替え
便器の取替え
その他、関連して必要な工事
家屋、模式図

 

介護保険に定められている居宅介護住宅改修費の支給対象は、大きく以下の6項目に分けられます。
実際の工事計画は、高齢者の身体状況や施工場所によって細かく調整されます。また、住宅改修費支給可能となる改修範囲は細かく規定されている場合がありますので、ケアマネジャーや工務店、建築士の方々と相談しながら決めてください。
他にも、相談できる専門職として、福祉用具専門相談員、医学療法士、作業療法士、福祉住環境コーディネーター、ホームヘルパーの方々等があげられます。


手すりの取り付け

手すりの取り付け

廊下、トイレ、浴室、玄関、玄関から道路までの通路等に、転倒防止もしくは移動または移乗動作に役立つことを目的として設置するものです。
なお、福祉用具貸与の「手すり」に該当するものは除きます。


段差の解消

段差の解消

居室、廊下、トイレ、浴室、玄関等の各個室間の床の段差および玄関から道路までの通路等の段差を解消するための住宅改修をいいます。具体的には、敷居を低くする、スロープを設置する、浴室の床のかさ上げ等が想定されます。
福祉用具貸与の「スロープ」に該当するもの、福祉用具購入の「浴室内すのこ」を置くことによる段差解消は除きます。


床、通路面の材料変更

床、通路面の材料変更

滑り防止や、移動の円滑化のための工事です。居室では畳敷きから板製床材やビニル系床材への変更、浴室では床材の滑りにくいものに変更、通 路面では滑りにくい舗装材への変更等が想定されます。


扉の取替え

扉の取替え

開き戸から引き戸、折り戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取替えのほか、ドアノブの変更、戸車の設置等も含まれます。

便器の取替え

便器の取替え

和式便器を洋式便器に取り替える場合が一般的です。高齢者の身体状況に合わせ、すでに取り付けてある洋式便器の接地部分をかさ上げする事も可能です。
和式便器から、暖房便座、洗浄機能付き洋式便器への取替えは含まれますが、すでに洋式便器であるところにこれらの機能を付加することは含まれません。また、福祉用具購入の「腰掛便座(補高便座、立ち上がり補助便座など)」設置に該当するものも除かれます。
さらに、非水洗和式から水洗洋式または簡易水洗洋式の便器へ取り替える場合、水洗化、簡易水洗化の工事費用に対しては保険給付対象外となり、支給が受けられません。


その他、関連して必要な工事

上記の住宅改修に伴って必要となる改修工事は、介護保険給付の対象となります。手すり取付けのための壁の下地補強、床材変更のための下地の補強、扉の取替えに伴う壁や柱の改修工事や浴室の床段差解消に伴う給排水設備工事など、住宅改修の施工状況によって対象となる範囲も変化しますので、ケアマネジャーや工務店の方々などに問い合わせてみてください。


*参考資料*
(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターリフォネット介護保険における住宅改修・実務解説