ホーム  >  家庭の介護  >  介護に役立つレシピ  >  だしのあれこれ その1

介護に役立つレシピ

だしのあれこれ その1

料理のベースとなるだし。だしが充分にきいているとうす味でもおいしく感じられ、減塩につながります。

天然のだし【出来上がり1 1/2カップ分のとり方】

  • カツオだし
    みそ汁やすまし汁、めん類や煮物など多くの料理に向きます。

  • ●作り方
    水2カップを熱し、煮立つ少し前に削りガツオ6g(1/2カップ強・軽くひとつかみ)を入れて静かに1分煮立て、火を消して数分おいてざるでこす。
    こんぶがあれば3〜4cm角を水とともにゆっくり熱し、煮立つ寸前にとり出して削りガツオを入れれば、より上等なだしに。

  • 煮干しだし
    みそ汁や気どらない煮物に向きます。

  • ●作り方
    水2カップに、頭と内臓を除いた煮干し8〜10尾と、こんぶがあれば3〜4cm角を入れ、弱火にかけ、煮立つ寸前にこんぶを出し、アクを除いて弱火で6〜7分煮出す。
    火にかける前に水に20分以上つけておけば、さっと煮立てるだけでOK。

  • こんぶだし
    すまし汁やあっさりした煮物に向きます。

  • ●作り方
    水1〜2カップにこんぶ3〜4cm角をつけ、弱火でゆっくり熱し、煮立つ前にこんぶを出す。水につけておくだけでもうまみが出る。

    メモ:余っただしは冷凍しておくと、次回に重宝です。

インスタントのだし

    急ぐときには重宝ですが、塩分を含むので、必要以上に使いすぎないように気をつけて。
    塩やしょうゆ、みそなどの味つけは、やや控えめを心がけます。
    ※下の目安量は、調理にだしとして使う場合のものです。塩分は商品により差があります。

  • 和風だしの素(顆粒)

  • 【使用の目安量】
    湯3/4カップにつき1g(小さじ1/3)
     → 塩分約0.3g
    ※塩分微量の商品もある。


  • 中国風だしの素(顆粒)

  • 【使用の目安量】
    湯3/4カップにつき1〜1.5g(小さじ1/3〜1/2)
     → 塩分約0.5〜0.6g


  • 洋風ブイヨン(固形)

  • 【使用の目安量】
    湯3/4カップにつき約1/4個
     → 塩分約0.6g


◆資料提供:女子栄養大学出版部 発行
いまある材料でくふうする「高齢者のためのクイックメニュー」