ホーム  >  家庭の介護  >  介護豆知識  >  意外と恐いダニの害

介護豆知識

あなたの家にもダニはいます

住宅環境の変化や硬質ウレタンなど材質の改良により、イグサやワラなど従来の素材を使った畳が減少している。このためツメダニなど人体に寄生するダニは近年減少傾向にあります。
しかしコナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニなどは現在数多く生息しており、加えて問題なのは、アレルギーを引き起こす原因であるコナヒョウヒダニのフンなのです。
しかも、ダニは湿度50%、温度20℃以上の環境でエサがあれば繁殖します。そして現在の住宅環境でダニが最も好むのはふとんなのです。

ふとんはダニの好む要因がイッパイ

  • 寝具に寝汗や湿気がこもりやすく、適度な湿度が保たれる
  • 皮脂やフケ、垢などダニのエサとなるものが豊富
  • ふとんを日干ししただけではダニやダニの卵は駆除できない

あなたのおふとんもダニがいっぱい!?寝具の洗濯や、日干しなどにより一見清潔に見えるふとんですが、1m2あたり100匹ほどのダニが生息しており、何の手入れもしないまま1年間使用すると1万匹まで増加する強い生命力を持っています。専門家による調査では、ペットを飼っている家庭のふとんには70万匹のダニが生息しているとの調査結果もあります。

ダニが引き起こす主なアレルギー

  • アレルギー性喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎
  • アレルギー性皮膚炎

ふとんに潜む主なダニ

ヒョウヒダニ(チリダニ)
ヒョウヒダニ(チリダニ)室内の埃などに含まれるフケ等を食べ、寝具やカ−ペットなどほこりがたまりやすい場所では大量発生しやすい。
死骸やフンがアレルゲンとなり、気管支喘息やアレルギ−性鼻炎を引き起こすことがある。

コナダニ
コナダニ食品や畳の芯に使われる藁などに発生しやすい。
コナダニ自体にはあまり害はありませんが、コナダニを捕食するツメダニが発生し、被害が起こる可能性もある。

ツメダニ
ツメダニヒョウヒダニやコナダニを捕食するダニです。
近年は住環境の変化により、ツメダニのように人に寄生するダニの発生は減少傾向にあります。

家のダニを防ぐには

ふとん ふとん
ふとん綿内のダニの死骸やフンを洗い流せる、大量の水を使用した丸洗いが効果的です。天日干しの場合は、干した後ふとんの表面を掃除機で吸い取りましょう。表面に浮き出た細かいフンの欠片を除くことができます。また、ふとん乾燥機を使うのも良いでしょう。

壁、床
掃除を徹底するのが一番です。埃や塵、剥離皮膚などをエサとするヒョウヒダニやコナダニが繁殖すると、これらをエサとするツメダニが繁殖します。これを防ぐためにもダニのエサとなる塵や埃はこまめに取り除きましょう。
特にヒョウヒダニは乾燥を嫌いますので、アルコールを含んだ雑巾で拭いた後扇風機やドライヤーなどで乾燥させるのもよいでしょう。

枕クッション・枕など
水洗いや、天日干しした後表面を掃除機で吸い取りましょう。
ダニの種類や繁殖場所ごとにダニを防ぐ方法は色々ありますが、基本となるのはこまめな掃除と換気、そして湿度管理が重要です。

≪ 資料提供:株式会社丸八製造クリニック工場 ≫