ホーム  >  家庭の介護  >  介護豆知識  >  安全運転をするには

介護豆知識

安全運転をするには

電動車いすでの安全運転

電動車いすは正しい姿勢での運転を心がけましょう。身体を乗り出したり、2人乗り、荷物を牽引しての運転はバランスを崩し横転する危険性があります。
また、坂道ではスピードの出しすぎをさけ、安全な速度で運転しましょう。
電動車いすは歩行者扱いですが、乱暴な運転を避ける、歩行者とぶつからないよう一定の距離を置くなど節度のある運転を心がけましょう。なお、走行中の携帯電話、飲酒運転は危険ですので絶対にやめましょう。

危険な場所での運転は避ける

夜間や大型車の近くの運転は危険なので避けるといいましたが、これ以外にも電動車いすにとって危険な場所はいくつかあります。

・急な坂道、傾斜地
・大きな段差のある場所
・大きな溝のある場所

これらの場所での運転はバランスを崩し、転倒する危険性が高まります。
他にも、強風・豪雨など悪天候での運転や、激しいデコボコ道、ぬかるみ、交通量の非常に多い道路、道幅の狭い道路などがあり、これらの場所では運転を避けるか介助者の方に付き添ってもらいましょう。

資料提供:電動車いす安全普及協会