ホーム  >  家庭の介護  >  介護豆知識  >  おむつの見直し

介護豆知識

おむつの見直し

おむつについての情報は以外と少なく、介護の専門家でも知らないことが沢山あります。 一つの工夫が介護負担の軽減につながりますので、再度おむつについて見直してみましょう。

年をとって排せつ機能が衰え、失禁のために紙おむつを使う方が増えています。
その選び方や使い方の工夫次第で尿漏れや蒸れによる不快感が減ります。 排せつに問題のある方は、75歳以上の高齢者で5割から8割ともいわれています。 現在、600 種類以上の製品があります。その中から、自分にあった製品を選びましょう。

おむつの悩みベスト3

  1. 尿漏れ 48%
  2. 皮膚トラブル 26%
  3. 蒸れ 21%

大人用おむつの特徴

大人用おむつの特徴

どのようにしたら、不快感を減らしてあげられるか?

  • 尿の量にあったサイズの製品を使いましょう。
  • 体系にあったサイズを使いましょう。
  • 利用途にあった製品を使いましょう。
  • 製品の組み合わせに工夫をしてみましょう。

これらを改善することによって80%の方が数週間後には漏れや不快感から解放され、顔の表情に豊かさが見られるようになりました。