ホーム  >  家庭の介護  >  介護豆知識  >  ベッドとふとん、どっちが介護に適してるの?

介護豆知識

ベッドとふとん、どっちが介護に適してるの?

「ベッド」と「ふとん」、それぞれ一長一短があります。使う方の状況によって、どちらが良いかは一概に言えません。ベッドとふとんの長所・短所は概ね下記のようになります。

ベッド 長所
  • 介護や掃除がしやすい
  • 座ったり立ち上がったりするのが楽
  • 床面が高いので冷暖房の温度が適温で良い
  • 寝具が湿りにくく、清潔に保てる
短所
  • 転落しやすい
  • ベッドの反対側に介助人が行きづらい
ふとん 長所
  • 場所をとらない。ふとんを敷く場所が自由
  • 被介護者を動かすときに危険が少ない
  • 老人が安心感を持つ
短所
  • 介護しにくい
  • 立ち上がりにくく、本人の移動がしずらい
  • 寝具が、湿りやすい
  • 畳の上だと汚物が散らかったとき困る