ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方   > 購入について  >  簡易浴槽

福祉用具の選び方

簡易浴槽

種類

ポータブル浴槽とも呼ばれる福祉用具です。
居室などで入浴を行うもので、取水または、排水のための工事を伴わないものです。
空気式または折りたたみ式等で容易に移動できるものであって、居室において必要があれば入浴が可能なものに限られます。
(入浴は全身の血行を良くし、皮膚を清潔にし、床ずれの予防、治療に役立ちます。また関節が硬くなることを防ぎ、動きやすくなり、気分がさわやかになります。)


選び方のポイント・目安

硬質の材質であっても使用しないときに立てかける等により収納できるものを選ぶと良いでしょう。
また簡易浴槽を選ぶ際には、どのようにして湯を入れ、排水するかという問題を考えておく必要があります。
給水ユニットで浴室の浴槽から湯を引く場合、ホースの距離が長いと温度が下がることもあり、利用場所と湯のある場所の関係を考えて導入する必要があります。

浴槽が深い時、入浴介助(浴槽の出入り)に労力を必要とします。
浴槽内が滑りやすくなっていますので、手すりの設置位置に十分な検討をしてください。

介護保険の対象となる福祉用具一覧
(介護サービス、介護予防サービス)
福祉用具貸与(13品目) 特定福祉用具販売(5品目)
・車いす
 └電動車いす
・車いす付属品
 ├クッションまたは、パッド
 ├電動補助装置
 ├車いす用テーブル
 └車いす用ブレーキ
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
 ├マットレス
 ├サイドレール
 ├ベッド用手すり(移動用バー)
 ├ベッド用テーブル
 └スライディングボード
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり 
・スロープ 
・歩行器 
・歩行補助つえ 
・認知症高齢者徘徊感知機器
・移動用リフト(吊り具を除く)
 ├入浴用リフト
 ├車いす用電動昇降機
 ├段差解消機(段差解消リフト)
 └立ち上がり用補助いす
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(本体部分)
は介護予防サービスの利用者(要支援1・2)の方が利用できる福祉用具です。
詳しくは、担当のケアマネジャーにおたずねください。
・腰掛便座
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(交換部品)
・簡易浴槽
・入浴補助用具
・移動用リフト(吊り具部分)
※要介護認定区分が要支援1・2および要介護1の方は、担当のケアマネジャーに使用できるかどうかおたずねください。