ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方   > 購入について  >  入浴補助用具

福祉用具の選び方

入浴補助用具

種類

入浴補助用具

入浴補助用具は、座位の保持、浴槽への出入り等の入浴に際しての補助を目的とする福祉用具で「入浴用いす」、「浴槽用手すり」、「浴槽内いす」、「入浴台」、「浴室内すのこ」、「浴槽内すのこ」が介護保険で購入費が助成されます。
入浴補助用具が利用者、浴室に合っているものか、本当に必要か、介護保険を利用できるものかなどケアマネジャーなどの専門家とよく相談しましょう。

介護保険が適用されるのは、次のいずれかに該当するものに限ります。

入浴用いす
座面の高さが概ね35cm以上のもの又はリクライニング機能を有するものに限ります。

浴槽用手すり
浴槽の縁を挟み込んで固定することができるものに限ります。
握りやすい手すりを浴槽のふちに取り付けることにより浴槽への出入りが楽になります。

浴槽内いす
浴槽内に置いて利用することができるものに限ります。

入浴台
浴槽の縁にかけて浴槽への出入りを容易にすることができるものに限ります。
浴槽への出入りが困難な時、いすに座った姿勢で浴槽へ移乗ができるので足腰が弱った方でも安全に入浴ができます。
形式は洗い場から浴槽のふちに装着するタイプと浴槽のふちに渡すタイプがあります。

浴室内すのこ
浴室内に置いて浴室の床の段差の解消を図ることができるものに限ります。

浴槽内すのこ
浴槽の中に置いて浴槽の底面の高さを補うものに限ります。


選び方のポイント・目安

利用者と介護者の状況や浴室と浴槽の構造、入浴方法を考慮しながら、どのような種類を利用するか検討しましょう。

入浴は身体を清潔にするとともに、血行を良くし床擦れを防ぎ、気持ちも和ませることができます。
しかし、足腰が弱くなったり、寝たきりに近い方の場合は、入浴に大変な介護を必要とするとともに、危険も多いので大きな改造を必要としない、便利な介護用品をお薦めします。
浴槽内いすや、浴槽用すのこは、使用する浴槽の内部の幅や形状が合わなかったり、入らなかったりする場合がある。事前に浴槽の内寸を確認することが必要となります。
浴室内すのこは、浴室全面に敷き詰めるタイプのものは、木製やイレクター製であり、浴室の形状・面積に合わせて平面寸法や高さを調整して納品されるものが多いので、いくつかに分割されていないと、すのこの下が洗えなくなる点を留意してください。

介護保険の対象となる福祉用具一覧
(介護サービス、介護予防サービス)
福祉用具貸与(13品目) 特定福祉用具販売(5品目)
・車いす
 └電動車いす
・車いす付属品
 ├クッションまたは、パッド
 ├電動補助装置
 ├車いす用テーブル
 └車いす用ブレーキ
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
 ├マットレス
 ├サイドレール
 ├ベッド用手すり(移動用バー)
 ├ベッド用テーブル
 └スライディングボード
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり 
・スロープ 
・歩行器 
・歩行補助つえ 
・認知症高齢者徘徊感知機器
・移動用リフト(吊り具を除く)
 ├入浴用リフト
 ├車いす用電動昇降機
 ├段差解消機(段差解消リフト)
 └立ち上がり用補助いす
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(本体部分)
は介護予防サービスの利用者(要支援1・2)の方が利用できる福祉用具です。
詳しくは、担当のケアマネジャーにおたずねください。
・腰掛便座
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(交換部品)
・簡易浴槽
・入浴補助用具
・移動用リフト(吊り具部分)
※要介護認定区分が要支援1・2および要介護1の方は、担当のケアマネジャーに使用できるかどうかおたずねください。