ホーム  >  家庭の介護  >  福祉用具の選び方   > 購入について  >  腰掛便座

福祉用具の選び方

腰掛便座

種類

トイレや寝室などで使う用具です。
トイレでの腰掛や立ち上がりをサポートします。
介護保険の福祉用具購入が適用される腰掛便座には4つのタイプがあります。

1.和式便器の上に置く腰掛式(洋式便器に変換するもの)
2.洋式便器の上に置いて高さを補うもの

1,2は現在ある便器の上に置いたり、かぶせたりするタイプです。事情により、住宅改修で洋式便器に変えられない場合の解決策になります。

3.電動式またはスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有しているもの

腰掛便座サポートタイプ

便座からの立ち上がりと、車イスなどへの移乗をサポートするタイプです。
電動式やスプリング式などの動力を内蔵しています。

4.便座、バケツ等からなり、移動可能である便器(ポータブルトイレ)
移動可能なタイプで、トイレまでの移動が困難な方が主に寝室において使用します。

ポータブルトイレ/コモード型

コモード型
手すりと背もたれのある4つ足のフレームに便器がついたタイプ

ポータブルトイレ/通常の椅子としても使えるタイプ

便座の蓋の上にいす座面をかぶせ、通常のいすとしても使えるタイプ

プラスチック製スツール形

プラスチック製のスツール型
手すりと背もたれが付いているタイプもあります。

選び方のポイント・目安

和式便器の上に置く腰掛式、洋式便器の上に置いて高さを補うもの
今ある便器の型に合うもので完全に固定できるものにします。

電動式またはスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有しているもの
自分にあった補助機能(立ち上がり時など)を持っているものを選びます。

便座、バケツ等からなり、移動可能である便器(ポータブルトイレ)
安定感があるもので、立ったり座ったりがしやすいものを選びます。

  • 座位の安定性が良く、移乗動作もあまり問題のないときには、一体成形型でも良い。立ち座りが可能かどうか確認することが必要です。
  • 立ち上がりが不安定な場合には、重量もあり、手すり等がしっかりした木製やベッドサイド型を選択してください。
  • 移乗の際は、立位よりも横移乗のほうが良い。
    安定して行える場合には、アームレストが移動できるコモード、木製、ベッドサイド型を選択してください。
  • アームレストを倒し、立位移乗、座位移乗を行う際には、コモード型は不安定です。
  • 便座は機種によって形状が異なる。
    排泄姿勢が取れるかどうかの確認が必要です。
ポータブルトイレは、ベッドから離れることはできるがトイレまでいけない、またはトイレまでの移動が不安定な人のために、主として寝室で使用する便器です。
使用者の身体状況によって、ベッドから離して使用するタイプとベッドサイドに設置できるタイプがあります。
ポータブルトイレは材質によってプラスチック型、木製いす型、金属製コモード型に分かれます。
金属製コモード型はシャワーイスと兼用できるキャスター付きと設置型(キャスターなし)があります。
キャスター付きの中には汚物入れを外して、腰かけ式便器で使用できるものもあります。


介護保険の対象となる福祉用具一覧
(介護サービス、介護予防サービス)
福祉用具貸与(13品目) 特定福祉用具販売(5品目)
・車いす
 └電動車いす
・車いす付属品
 ├クッションまたは、パッド
 ├電動補助装置
 ├車いす用テーブル
 └車いす用ブレーキ
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
 ├マットレス
 ├サイドレール
 ├ベッド用手すり(移動用バー)
 ├ベッド用テーブル
 └スライディングボード
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり 
・スロープ 
・歩行器 
・歩行補助つえ 
・認知症高齢者徘徊感知機器
・移動用リフト(吊り具を除く)
 ├入浴用リフト
 ├車いす用電動昇降機
 ├段差解消機(段差解消リフト)
 └立ち上がり用補助いす
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(本体部分)
は介護予防サービスの利用者(要支援1・2)の方が利用できる福祉用具です。
詳しくは、担当のケアマネジャーにおたずねください。
・腰掛便座
・自動排泄処理装置
 └特殊尿器(交換部品)
・簡易浴槽
・入浴補助用具
・移動用リフト(吊り具部分)
※要介護認定区分が要支援1・2および要介護1の方は、担当のケアマネジャーに使用できるかどうかおたずねください。