ホーム  >  あったか介護広場  >  あったかコラム  >  生き残ろう! 介護職Y氏の防災・避難用品を考える

あったかコラム

生き残ろう! 介護職Y氏の防災・避難用品を考える

1.はじめに

あの未曾有の大災害、東日本大震災の発生から1年が過ぎました。
「復興」や「再生」という言葉はよく耳にしますが、しかし実際はいまだにガレキ処理すら一向に進まず、放射能汚染にいたっては除染の目処すらたっていません。
更に増え続けている地震は、余震だけでなく震源地も全国におよび、どこで大地震が発生してもおかしくない状況です。
先日も、これから起こるであろう東京直下型地震の予想震度が7に引き上げられ、不安は増すばかりです。
そんな中、震災直後、またしばらくの間、お店の棚から消えていた物資も出回るようになりました。

そして今だからこそ、そんなに必要だったのか、あるいは、あって本当に役に立ったのか、冷静に考えて評価できるのではないのでしょうか。
だからこそ、本当に必要なものを今のうちに揃えておくのがよいのです。
人間は混乱しパニックになると集団心理が働き、いらぬものまで大量に買い込んでしまいます。
介護をされている皆さんには、普段利用している介護用品が転用できたり、逆に防災・避難グッズが介護用として使えたりするので、それらを含めて紹介していきますので、よろしくお付合いください。