ホーム  >  あったか介護広場  > あったかレポート  > 電動車いす安全運転講習会(北海道赤平市)レポート

あったかレポート

電動車いす安全運転講習会(北海道赤平市)レポート

2010年7月17日

赤歌警察署長による安全運転講話
赤歌警察署長による安全運転講話
イベント会場に設けられた仮設コースでの電動車いす体験試乗会
イベント会場に設けられた仮設コースでの電動車いす体験試乗会

北海道警赤歌警察署および一般社団法人全国介護者支援協議会(北海道本部)主催、厚生労働省、経済産業省、電動車いす安全普及協会、福祉用具供給協会後援、スズキ(株)・王子ネピア(株)、赤平製紙(株)、(株)カワムラサイクル協賛、赤平市、赤平交通安全協会、赤平商工会議所、赤歌地域交通安全活動推進委員協議会、西出興産(株)、空知単板工業 (株)協力による「高齢者のための電動車いす 安全運転講習会 in北海道赤平市」が、7月17日(土)に北海道赤平市の赤平市コミュニティ広場で開催されました。

イベント当日は、梅雨明けの北海道らしくない日差しの中、1万人を越える方にご来場いただきました。
今回の電動車いす安全運転講習会は地元のお祭り「火まつり」イベントの一環として開催さるということもあり、安全運転講習会以外にも、北海道警察の交通安全教育車「ほくと号」による安全運転シミュレーターや、安全運転自転車教室、北海道警察マスコット「ほくとくん」とのふれあいコーナーなど、子供から高齢者まで楽しめるイベントが行なわれ、会場は終日おおきな賑わいを見せました。

メインの電動車いす安全運転講習会では、屋外に設置された特設コースで約100名の高齢者の方に電動車いすの体験試乗をしていただきました。

全介協ではこれからも関係機関・団体と協力し様々なイベントを開催してまいります。
イベント開催情報などについては、全介協ホームページまたは「あったかタウン」でご確認ください。

交通安全教育車「ほくと号」での安全運転シミュレーション イベント参加いただいた多くの方にアンケートにご協力いただきました
交通安全教育車「ほくと号」での安全運転シミュレーション イベント参加いただいた多くの方にアンケートにご協力いただきました
同時開催された母と子の自転車安全運転教室 講習会受講者には参加賞としてたい焼きをプレゼント
同時開催された母と子の自転車安全運転教室 講習会受講者には参加賞としてたい焼きをプレゼント