ホーム  >  あったか介護広場  > あったかレポート  >相談員Yの第4回介護予防・認知症予防総合フェア2010参加レポート(後編)

あったかレポート

相談員Yの第4回介護予防・認知症予防総合フェア2010参加レポート(後編)

2010年3月19日

 皆さんこんにちは、前回に引き続き今回は3月5日・6日の両日、東京池袋のサンシャインシティワールドインポートマートで開催された「第4回介護予防・認知症予防総合フェア」についてレポートしたいと思います。
前回は会場の様子やブースを中心に紹介しましたが、今回は会場内で開催されていた各種セミナーを紹介したいと思います。
今回開催されたセミナーは、自治体・事業者向けのセミナーの他、一般来場者向けの基調講演などもありました。
事業者向けのセミナーは、東京都健康長寿医療センター研究所によるセミナーで事前予約制、一般向け基調講演は先着順でした。ちなみにどちらも無料で参加できました。
セミナーの内容は、どちらも今回のイベントテーマである「介護予防・認知症予防」関連で、どちらを受講しても役に立つ内容でした。
私が受講したのは、事前に受講予約をしておいた「高齢者のうつ・閉じこもり予防について」という1時間のセミナーでした。
テキストや資料は特にありませんでしたが、OHPの画面で説明しながら話を進めていくスタイルのセミナーで、内容は認知症の現状から始まり、認知症の説明、予防・対処の話、うつの症状、診断、予防の話など、これからの日本に必要な話ばかりでした。事前予約で席を確保して正解のセミナーでした。
今回のイベントでは主催者が提供するセミナーだけでなく、出展社が自社ブース内で開催するものもありました。
内容も各出展社ごとに様々、「脳の働きを良くする食事」や「生活習慣病予防のための食事」など、料理教室のようなものもありました。
興味のある方は来年、ぜひ参加してみてください。