ホーム  >  介護のあれこれ  >  介護のお仕事  >  国家資格  > 鍼灸師

介護のお仕事

鍼灸師

 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律に基づく国家資格で、東洋医学(鍼・灸)治療を行なう施術師、もしくは『はり師』『きゅう師』両方の国家資格を取得している施術師のことです。 法律上『はり師』『きゅう師』は別々の国家資格であり、両方の資格を取得した施術しを便宜的に『鍼灸師』と呼んでいます。 なお、一般的に視覚障がいを持つ方の職業と認識されがちですが、法律等の制限はありません。

資格取得

 前述の通り『鍼灸師』という国家資格はありません。そのため『はり師』『きゅう師』資格同様、専門の養成施設で取得することとなります。養成施設は多くの場合3年制の専門学校ですが、一部には2年制、4年制の場合もあります。 なお、鍼灸師として5年以上の実務経験で介護支援専門員の受験資格を得ることができます。

介護分野へのかかわり

 主として鍼灸接骨院、鍼灸マッサージ院などでの鍼灸施術が一般的です。 介護分野のかかわりとしては、自治体の高齢者サービスとして針灸マッサージを提供している場合もあります。また、高齢者施設等でのサービスが行なわれる場合もあります。