ホーム  >  介護のあれこれ  >  介護のお仕事  >  国家資格  >  民生委員

介護のお仕事

民生委員

民生委員法に基づき都道府県知事、政令指定都市首長、中核市首長などにより推薦され、厚生労働大臣より委託される民間奉仕者です。
ボランティアの一種なのですが、行政判断では「非常勤の特別職の地方公務員」とされています。

資格取得

民生委員になるためには特別な資格は必要ありません。
地方自治体首長により推薦されますが、前段階として自治体に設置されている「民生委員推薦会」よりの推薦を受け、審議を経て任命されます。 前述の通り基本的にはボランティアとなるため、給与などは支給されませんが通常交通費などの必要経費は支給されます。

介護分野へのかかわり

地域高齢者などの状態把握、独居高齢者の引き篭もり防止など日常生活に支障がある方に対し助言・援助などを行政・社会福祉協議会などと連携して行なっていきます。
地域高齢者の把握に重要な役割を果たしてきた民生委員ですが、近年はプライバシー意識の高まりによる個人情報保護強化の傾向により、高齢者見守りや状態把握が困難になるなど、職務に支障も出てきています。