ホーム  >  介護のあれこれ  >  介護のお仕事  >  国家資格  >  医療ソーシャルワーカー

介護のお仕事

医療ソーシャルワーカー(MSW)

病院・保健所など、主に医療関連施設で働く社会福祉士のことを指し、一般的には「MSW」と略称されます。
医療分野で働く社会福祉士(ソーシャルワーカー)のことを便宜上、医療ソーシャルワーカーと呼称しており、社会福祉士の一形態と見ることもできます。従って専門職として確立はされていません。

資格取得

前述の通り専門職として確立されておらず、資格取得についてもMSWとしての専門資格は現時点ではありません。
現在MSWとして活動している方は社会福祉士資格を取得しているのが一般的です。

介護分野へのかかわり

主に病院などで入院患者に対し、入退院手続・入院費用・社会復帰リハビリなどの相談業務を担当します。
MSWの業務については1989年通知(2002年改定)された「医療ソーシャルワーカー業務規定」に基づいたものとなっています。
なお、就職については現状で法令等によるMSWの設置義務はなく、主な活動場所となる病院全てに設置されているわけではありません。