ホーム  >  介護のあれこれ  >  介護のお仕事  >  国家資格  >  運転手

介護のお仕事

運転手(Driver)

一般的には自動車などの運転を行なう人のことを指しますが、一般家庭などでマイカーを運転する方もこのように呼ばれる場合もあります。 ヘルパー・ケアマネジャーなど一般的に認識されている介護職種ではありませんが、介護タクシー、福祉輸送の普及など介護の世界と深いかかわりを持っています。

資格取得

運転免許取得には原則、運転免許技能試験場にて筆記および技能試験に合格することが必要となりますが、一般的には指定自動車教習所を卒業することで実技試験を免除される場合が多いです。

介護分野へのかかわり

運転手の介護分野へのかかわりとしては、介護施設・事業者などが利用者・利用者家族・見学者などを対象に行なっている送迎車両の運転業務・ボランティアでの運転手などが一般的です。

送迎車両の運転業務については介護資格などは必要がない場合が多いですが、運転業務に関しても施設職員などが行なっている場合も多いです。
また、近年注目を集めている業務としては介護タクシー(福祉タクシー)があります。
前述の送迎業務とは異なり、介護タクシーでは運転手はヘルパー資格が必要となります。
介護タクシーの主な業務は、従来の運転業務だけでなく、外出に介助が必要な高齢者に対し、ベッドから車イスへの移乗介助なども含まれます。