ホーム  >  介護のあれこれ  >  介護のお仕事  >  介護職員初任者研修制度の基礎知識  >  2.ホームヘルパー2級とは

介護のお仕事

2.ホームヘルパー2級とは

2013年4月1日より、従来の「ホームヘルパー2級」や「介護職員基礎研修」制度に替わってスタートしたのが、「介護職員初任者研修」制度ですが、新制度の説明の前にこれまで多くの方が取得してきた「ホームヘルパー2級」について、簡単におさらいしていきたいと思います。

一般的に、介護といえばヘルパーが思い浮かぶほど介護の代名詞として多くの人が資格取得をしてきたホームヘルパー制度。

「あったかタウン」の中にある『介護のお仕事』においても資格の中身について簡単に説明していますが、ここで改めてどんな制度であったか解説していきます。

「訪問介護員」ともいいますが、一般的には「ホームヘルパー」もしくは、ただ単に「ヘルパー」と呼ばれる資格です。
従来は研修内容および対象により1〜3級に分かれていましたが、ヘルパー3級については2009年に廃止となっています。

主な職務としては、介護事業所(訪問介護)における身体介助や家事援助、介護施設における身体介助などがあります。

なお、今回の「介護職員初任者研修」制度のスタートにより「ホームヘルパー2級(1級)」制度と「介護職員基礎研修」は共に廃止となりましたが、2013年3月31日以前の有資格者については、引き続き資格の使用が認められています。