ホーム  >  介護のあれこれ  >  介護のお仕事  >  職種  >  知的障害者福祉司

介護のお仕事

知的障害者福祉司

 名前の通り、知的障がい者の福祉に関する相談や日常生活面での指導などを行なう職種です。
一般的な福祉相談員やケースワーカーで対応が難しい問題に対する対応を行なうだけでなく、福祉事務所職員に対する技術指導なども行ないます。

職務上の分離は地方公務員の専門職(技術・事務吏員)ですが、知的障害者福祉法に基づく職務であり、知的障害者福祉司になるためには、「社会福祉主事任用資格を有し、知的障害者福祉の実務経験が2年以上ある」などの要件が必要となります。

介護とのかかわり

 障害者支援施設や福祉事務所での相談対応が主な業務となります。