ホーム  >  介護のあれこれ  >  介護のお仕事  >  民間資格  > 心理判定員

介護のお仕事

心理判定員

 身体に障がいを持つ方や精神に障がいを持つ方、問題行動がある児童などに対し心理検査やレクリエーションなどを行ない、これらを通じて心理状態を判定し自立のための支援援助を行なう職種です。

資格取得

 前回紹介した職能判定員同様、資格取得についても明確な規定はありません。
しかし、過去において相談所・更生施設などに配属となった公務員が専門研修を受け心理判定員となる場合もありましたが、近年では職務への理解も深まり心理学や臨床心理士資格など専門技能を持つ方が心理職として採用されるのが一般的となっている。

介護分野へのかかわり

 前述のとおり児童相談施設や更生施設などに勤務し、主に相談所・更生施設において医者・職能判定員などと協力して心理判定を行ないます。