ホーム  >  介護のあれこれ  >  介護のお仕事  >  民間資格  > 職能判定員

介護のお仕事

職能判定員

 身体に障がいを持つ方や精神に障がいを持つ方の能力を判定し、その人にあった適切な仕事に従事できるよう支援援助を行なう職種です。
主に相談所・更生施設において医者・ケースワーカー・心理判定員などと共同で職能判定(日常生活全般の能力に関する適性検査など)を行ないます。

資格取得

 障害を持つ方の日常生活能力を性格に判定し、適切な支援を行なう重要な職種ですが、現状日本では専門職として確立されておらず、資格取得についても明確な規定はありません。

介護分野へのかかわり

 前述のとおり専門職としては確立しておらず、障がい者更生施設に勤務する専門職・技術職の方が職能判定員を兼務しているのが一般的です。