ホーム  >  介護のあれこれ  >  介護のお仕事  >  民間資格  > 介助犬訓練士

介護のお仕事

介助犬訓練士

 2002年10月に「身体障害者補助犬法」に基づき、盲導犬・聴導犬とともに制定された、身体障がい者の補助を目的とした補助犬の訓練士です。
介助犬の先進地域である欧米では一般的認知度の高い職種ですが、日本ではまだ導入されたばかりであり認知度も高くはなく、介助犬自体の頭数も多くはありません。

資格取得

 日本では導入されたばかりの制度であり、職種として確立されているわけではないので、介助犬訓練士になるための必須資格はありません。
介助犬訓練士になるためには、日本各地にある介助犬育成団体に就職しノウハウを所得する方法が現在のところは一般的です。

介護分野へのかかわり

 名前のとおり身体障がい者の補助を目的とした介助犬の育成訓練を行ないます。
 ただし、現況職業として確立しているわけではありませんので、専業の介助犬訓練士は少ないのが現状です。