ホーム  >  介護のあれこれ  >  高齢者の消費者トラブル  >  覚えておきたい悪質商法  >  当選商法

高齢者の消費者トラブル

当選商法

「当選した」「貴方が選ばれた」など、消費者の持つ優越感や特別性をあおり、最終的に高額な商品を売りつける商法です。

一般的には、映画や旅行などの無料券、テレビや家電などの高額商品、くじ引きによる高額商品などを名目に、別の商品を売りつけるケースが多く、ここ数年被害件数が増えたケースでは、香港やカナダ、ドイツなど海外の宝くじに当選したかのように装い金を振り込ませるケースが急増し大きな問題となりました。
※海外宝くじの日本国内での販売・取次・授受は刑法で禁止されています。