ホーム  >  介護のあれこれ  >  高齢者の消費者トラブル  >  覚えておきたい悪質商法  >  SF商法

高齢者の消費者トラブル

SF商法

「新規開店」「○○歳以上の方限定」などを謳い、集会場やガレージなど、密閉された空間に人を集め、高額な商品を売りつける商法です。

プレゼントや低額な商品をダシに会場の雰囲気を盛り上げるとともに購入意欲を刺激し、最終的に高額な商品を売りつけるケースが一般的です。
密閉された空間の雰囲気に飲まれ、催眠状態に陥ったように判断力が低下し、不必要な商品を購入してしまうことから『催眠商法』とも呼ばれます。