ホーム  >  介護のあれこれ  >  高齢者の消費者トラブル  > 覚えておきたい悪質商法  > 点検商法

高齢者の消費者トラブル

点検商法

室外機や水道管、ガス感知器、消火栓、屋根・床下の無料診断など点検を装って自宅を訪問し、「点検で不備が見つかった」など不安を煽り不必要なサービスの利用、購入を強要する商法です。

耐震構造や住環境への不安をあおり、不必要なリフォームを強要するケースや、火災報知機設置義務化など法制度を悪用し不当に高額な契約を強要するケースなどがあります。