ホーム  >  介護のあれこれ  >  高齢者の消費者トラブル  > 覚えておきたい悪質商法  > 利殖商法

高齢者の消費者トラブル

利殖商法

「必ず儲かる」「今がチャンス」など、簡単に儲かることを強調して高額商品や社債の購入、企業への投資などを勧める商法です。
詐欺目的なものが多く、最悪の場合、投資金額など全損してしまう場合あります。

「金」や「先物取引」、「未公開株購入」、「転換社債」、「ゴルフ会員権」など商品は様々ですが、共通しているのが「簡単に儲かる」、「必ず儲かる」、「元本保証」など、あたかも消費者側に損がないかのような説明で出資を促します。

近年では、団塊世代の退職金を狙った業者も多く、高齢者の被害が増加しています。