ホーム  >  介護のあれこれ  >  高齢者の消費者トラブル  > 覚えておきたい悪質商法  > 次々商法

高齢者の消費者トラブル

次々商法

一度悪質商法の被害にあった消費者に対して、次々と新しい製品、サービスを購入させる商法です。
多くの場合、家庭訪販や開運商法、点検商法など他の悪質商法と組み合わせて消費者を勧誘してきます。

宝石・健康食品・高級布団・開運商品・リフォームなど対象となる商品・サービスは幅広く、悪質商法の業者間で被害にあった消費者のリストに基づいた二次勧誘・三次勧誘が行なわれる傾向が強く、一度被害にあった消費者が再度被害を受けるケースも多々あります。

主に高齢者や独り暮らしを始めたばかりの若年層に被害が集中しているのも特徴です。