ホーム  >  介護のあれこれ  >  高齢者の消費者トラブル  >  覚えておきたい悪質商法  >  霊感商法

高齢者の消費者トラブル

霊感商法

雑誌広告などで「運気が上がる」「願いがかなう」などの効能をうたうブレスレットやネックレスを購入した人に対して、「先祖(水子)の霊が祟っている」「自殺をする運気がある」など不安をあおり、新たに運気を改善するための壷や印鑑、掛け軸などの高額商品購入や、高額な開運セミナーへの勧誘を行ないます。

いわゆる新興宗教やカルトなどと呼ばれる団体による悪質な勧誘が問題となっており、『除霊商法』『開運商法』などと呼ばれる場合もあります。