ホーム  >  介護のあれこれ  >  高齢者の消費者トラブル  >  覚えておきたい悪質商法  >  アポイントメント商法

高齢者の消費者トラブル

アポイントメント商法

電話勧誘や店頭抽選などで商品が当たった、モニターに選ばれたなどと消費者の射幸心・優越心を刺激し、喫茶店や営業所の一室、展示会などに消費者を呼び寄せ、行動が制限された状態で長時間にわたり契約を強要し、最終的に高額な商品を売りつける商法です。

以前お話した「当選商法」に含まれる場合もあり、同様の手口にアンケート商法・デート商法と呼ばれるものもあります。

高齢者の被害も多いですが、一般的に若年層、上京したての学生などに被害が多い傾向があります。