ホーム  >  介護のあれこれ  >  高齢者の消費者トラブル  > 覚えておきたい悪質商法  > 家庭訪販

高齢者の消費者トラブル

家庭訪販

業者が高齢者の自宅を訪問し、商品やサービスなどを強引に勧める商法です。
脅迫じみた言動や長時間にわたる強引な勧誘が問題となっています。
いわゆる「押し売り」がこれに当たり、主に果物や農・海産物、浄水器などのヘルスケア製品などを強引に売りつけるケースのほか、近年では認知症高齢者などに対し不必要なリフォーム工事を何度も強要するケースが増えています。