ホーム  >  介護のあれこれ  >  忍びよるロコモ
サイト内検索 powered by Google

忍びよるロコモ

皆さんは『ロコモティブシンドローム』という言葉をご存知でしょうか。
近年、マスコミで取り上げられ言葉だけは耳にしたことがあるという方もいるかもしれません。
日本語では運動器症候群といい、「運動器(骨や骨格筋など)の障害で要介護になるリスクが高まる状態」を指す言葉で、加齢や生活習慣により足腰が衰えることをいいます。

ここでは、高齢者は勿論ですが40歳代以降の中高年から発症しだすロコモティブシンドロームについて、分かりやすく解説をしていきます。