ホーム  >  介護のあれこれ  >  高齢者の快適生活術  >  猛暑を乗り切る健康術  >  食中毒を防ぐためには

猛暑を乗り切る健康術

食中毒・・・食中毒を防ぐためには

食中毒予防に共通するのは食中毒菌(ウイルス)を

ウイルス

1 つけない

2 増やさない

3 殺す の3原則です。

菌(ウイルス)をつけない

手洗いや調理器具の洗浄消毒をしっかり行ないましょう。
特に手洗いは重要です。まめに手を洗う習慣をつけてください。
アルコール消毒は乾いた手や調理器具に行なわないと効果はありません。

食中毒を防ぐ手の洗い方は ⇒

菌(ウイルス)を増やさない

買物のときの注意点

  • 生鮮食品は新鮮なものを購入する。表示のある食品は消費期限を確認しましょう。
  • 肉や魚、冷凍食品は買物のいちばん最後に選び、持ち帰るときには水分が漏れて他の食品につかないようビニール袋に小分けにしましょう
  • 買物後は鮮度が落ちないよう、寄り道せずにまっすぐ帰りましょう。

保存するときの注意

  • 家についたら、冷蔵・冷凍が必要な食品はすぐに冷蔵庫・冷凍庫に保管するようにしましょう。
    ※冷蔵庫の過信は禁物です。長期保存は避け、なるべく早めに使い切るようにします。
  • 冷蔵庫・冷凍庫は保存する量を容量の7割程度にとどめ、冷蔵庫は4℃以下、冷凍庫は−15℃以下に維持してください。
  • 肉や魚はビニール袋や容器に入れ他の食品に触れないよう保存しましょう。特に生で食べるサラダなどに触れないよう気をつけてください。

調理するときの注意点

  • 調理をする前に、台所が清潔かチェックしましょう。
    (まな板、包丁はきれいか、調理台は片付いているか、ガスレンジは汚れていないかなど)
  • 手をよく洗う。肉、魚、卵を取り扱うときはそのたびに洗う。
  • 肉・魚を調理したら、まな板・包丁は洗って消毒する。
  • 同じ食品の冷凍と解凍を繰り返さない。一度解凍したら使い切ること。
  • 調理したものは食卓に長く放置しない。
  • 後から食べる人の分や残った食品は密閉して冷蔵庫で保存する。
  • 常温で長く放置した食品は思い切って捨てましょう。

菌(ウイルス)を殺す

肉や魚介類はよく加熱してから食べましょう。食品の中心の色が変わるまで火を通してください。残り物を食べるときも必ずよく加熱しましょう。日頃から手指、調理器具をしっかり洗浄・消毒・乾燥するよう心がけましょう。

高齢者にとって気をつけなければならない点

健康な人は、食中毒菌が体の中に入っても発症しないことが多いのですが、体の抵抗力が弱く持病を持っていることが多い高齢者は少量の菌でも発症し、重症化する傾向があるので特に注意が必要です。吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの食中毒と疑われる症状が出たら、一刻も早く医師に診てもらいましょう。

高齢者の食中毒を防ぐためには

高齢者

1 手をよく洗う

2 なんでも加熱

3 もったいないはやめよう

食中毒対策には、とにかく手を洗うことです。石けんをよく泡立てて洗い、流水でよくすすいでください。食事は生食をさけ、必ず加熱したものを食べるようにします。残ったら清潔な器具、お皿にとりすぐに冷蔵庫へ。食べるときは十分加熱してから食べるようにしましょう。
お弁当や配食サービスは、多いなと思ったら食べる前に清潔な容器に取り分けてすぐに冷蔵庫へ保存してください。時間が経ち過ぎたり、ちょっとでも怪しいと思ったら、もったいないようですが思い切って捨てましょう。

もしかして食中毒?と思ったら

  • 最寄りの保健所に連絡を。被害の拡大を防ぐために大切です。
  • 医師の診察をうけるまでは、素人判断で下痢止めや胃腸薬を服用しないようにしましょう。
    脱水症状を起こしている可能性があるので、水分補給は大切です。
    あまり冷たい飲みものは逆効果ですので、ぬるめのものを取るようにしましょう。
  • 食中毒の治療や再発防止のためには、原因を突き止めることが大切です。 そのため、吐いたものや便、原因と思われる食品は、ビニール袋などに入れて医師に診せましょう。
  • 食品が残っていないときは、空の容器、買った店のレシート、包装紙などを保管しておきましょう。

*取材協力:池袋保健所