ホーム  >  介護のあれこれ  >  成年後見制度  >  法定後見の申立てに必要な書類

成年後見制度

法定後見の申立てに必要な書類

法定後見の申立ては、本人の住所地(住民登録をしている場所)を管轄する家庭裁判所にします。

申立書などの書類は、家庭裁判所の窓口で入手することができます。そのほかに用意しなければならない書類の主なものは、以下のものです。

  • 本人の戸籍謄本
  • 本人の住民票(世帯全部のもので、省略のないもの)
  • 本人が後見登記されていないことの証明書(東京法務局で発行)
  • 成年後見用診断書(主治医に作成してもらいます)
  • 後見人候補者の戸籍謄本
  • 後見人候補者の住民票(世帯全部のもので、省略のないもの)
  • 後見人候補者の身分証明書(本籍地の市役所等の戸籍係で発行)
  • 後見人候補者が後見登記されていないことの証明書(東京法務局で発行)
  • 申立人の戸籍謄本
  • 申立人の住民票(世帯全部のもので、省略のないもの)

成年後見用診断書は、定型の書式が用意されていますから、これに主治医に記入してもらうことになります。