ホーム  >  介護のあれこれ  >  成年後見制度  >  法定後見の申立人

成年後見制度

法定後見の申立人

法定後見の申立てをすることのできる人は、本人、配偶者、四親等内の親族、市区町村長、検察官などです。

四親等内の親族とは、次の人たちなどが該当します。

  • 祖父母
  • ひ孫
  • 兄弟姉妹
  • おい
  • めい
  • おじ
  • おば
  • いとこ
  • 配偶者の兄弟姉妹

少子高齢化の進展に伴い、身寄りのない高齢者や障害者が増えていますが、こうした身寄りのない人については、親族による法定後見の申立てを期待することができません。

そこで、法律上、公益の代表者である検察官にも申立権が与えられています。しかし、検察官の本来の職務は、犯罪の捜査や刑事事件の裁判を行うことですから、実際上は、法定後見の申立てをすることが困難です。

そこで、身寄りのない人については、市区町村長にも法定後見の申立権が認められることになりました。市区町村長は、本人を保護するために特に必要があると判断する場合に、本人に身寄りがいるか否かを調査し、その結果、身寄りがいない場合(音信不通の場合も含む)には、家庭裁判所に法定後見の申立てをします。