ホーム  >  介護のあれこれ  >  成年後見制度  >  任意後見

成年後見制度

任意後見

任意後見

任意後見とは、本人が元気なうちに、前もって信頼できる人(任意後見人)を選んでおき、自分の判断能力が不十分になった場合の財産管理、身上監護などの事務について代理権を与える契約を結ぶものです。

この契約を、任意後見契約といいます。任意後見契約は、公証人の作成する公正証書で結ばなければなりません。

契約締結後、本人の判断能力が不十分になったときに、家庭裁判所が任意後見監督人を選ぶと、任意後見契約の効力が発生します。つまり、本人が元気なうちは、任意後見契約はスタートしません。あくまでも、将来、判断能力が不十分になった場合に備えるものです。

任意後見契約の内容は、任意後見人と相談の上、自由に決められます。例えば、将来、判断能力がおとろえた後は、どのような生活をしたいのか、自宅で暮らすのか、それとも施設に入るのか、財産はどのように使うのかといった基本的な事柄から、葬式のあげ方とか、飼っているペットの処遇などの細かな事柄まで、生活全般にわたる、さまざまなことについて、あらかじめ任意後見人に依頼しておくことができます。

そして、将来、任意後見人が契約に従って、本人の依頼事項をきちんと行っているか否かを監督するために、家庭裁判所が任意後見監督人を選任するわけです。