ホーム  >  介護のあれこれ  >  成年後見制度
サイト内検索 powered by Google

成年後見制度

成年後見制度とは、本人の判断能力が十分でない場合に、本人を保護するための制度です。判断能力は、契約をするときに必要です。契約には、売買、賃貸、金銭の貸し借りなど、たくさんの種類があります。保証人のはんこを押したり、不動産を担保に入れてお金を借りることも、契約の一種です。また、入院するときや施設に入所するときにも、病院や施設と契約をすることになります。このような契約をする際に、判断能力が不十分ですと、自分に不利な契約を結んでしまうことになりかねません。近年、悪徳業者が、認知症などで判断能力のおとろえたお年寄りをねらって、必要のない物や高額の物を売りつける事件が、多発しています。判断能力が不十分な方々をまもるのが、成年後見制度なのです。